バイナリーオプションのレンジ外とその兆候を示すレート

NO IMAGE

バイナリーオプションでは、レンジの外に抜けた時には利益が生じる事もあります。
どのような時にレンジの外に抜けやすいかと言うと、特定の数字に注目してみると良いでしょう。数日ぶりの数字を記録した時などは、レンジの外に行きやすいです。

膠着状態が続いてトレンドが発生する

外貨の動きに注目してみると、たまに膠着状態になる事があります。
上昇や下落トレンドの状態になっているというより、殆ど動かない状態になる事もあるのです。
膠着状態になっている理由は、色々あります。外貨を動かす要素がない時などは、レンジ相場がしばらく続く事も少なくありません。

しかしレンジ相場も、「ずっと」続く訳ではありません。どこかのタイミングで、トレンドが発生する事もあります。
FXのトレーダーは、よくトレンドを追跡しています。トレンドの方向についていきますと、利益も稼ぎやすいからです。

バイナリーオプションも例外ではありません。トレンドが発生した時は、それに応じたチケットを注文してみると良いでしょう。

レンジ外になった時に利益が発生する

ところでバイナリーオプションには、レンジ外とレンジ内というチケットもあります。上記のような膠着状態になっているかどうかを予想する訳です。
そもそもレンジには、幅があります。100.3円から100.5円といった0.2円ぐらいの幅だったり、101.4円から100.8円という0.4円ぐらいの幅になる事もありますし、状況は多彩です。

上記の0.2や0.4といった幅の間に収まっている時は、レンジ内という状態になります。ですがトレンドが発生した時は、レンジ外という状態になる訳です。
例えば、バイナリーオプションの取引画面で「レンジ外」のチケットを買ったとします。そして予想通りにレンジの外に抜けた時には、所定の利益が発生する訳です。

ある数字を一瞬記録した時はレンジ外になりやすい

どういう時にレンジ外という状態になりやすいかというと、あるレートを記録した時です。例えば上述の100.3円から100.5円というレンジの状態になっていて、一瞬でも100.6円になったとします。
一瞬とはいえ、明らかにレンジの外に出ている状態ですから、今後は外貨は上昇していくと予想される訳です。外に出るなら、もちろんレンジ外のチケットを注文すべきでしょう。

つまり100.6円などのレートに注目しておくと、今後の動きが読みやすくなる訳です。ですから人によっては、アラートなどのツールを活用しながら、バイナリーオプションの取引をしている事もあります。